整形外科

更新日  令和3年6月15日

 整形外科とは骨や筋肉、関節のほかに脊椎や神経などが密接に連携して身体を動かすことが出来る「運動器」の機能的改善を治療する診療科です。

 当科は常勤医師6名、非常勤医師1名で整形外科診療全般を行っております。

 診療体制は、一般外来は午前中、専門外来は予約制でスポーツ、肩関節(丹羽)、側弯(河野)を行っています。また、一般外来では新患担当医を設け、各日の新患患者は原則的に新患担当医が診察します。予約患者は2~3名の医師が担当し予約時間に沿って、なるべく待ち時間を少なくするように努力しています。

 令和2年度の手術件数はコロナ感染症の影響のため外来手術を含めると682例と減少しましたが主にインストゥルメンテーションを使用した脊椎手術は103例と増加しております。また高齢者の大腿骨近位部骨折(人工骨頭挿入術と骨接合術)が約150例となっており人工関節置換術(股関節・膝関節)が53例、膝前十字靭帯再建術を含む関節鏡手術が67例でした。

 

年度別の手術件数
病態・部位・術式
平成30年
令和元年
令和2年

脊 椎

 

 

 

頚椎

9

9

19

胸腰椎

82 66 84

91

75

103

関 節
人工股関節置換術

22

36

21

人工膝関節置換術

32

39

32

脛骨骨切り術

3

8

8

前十字靭帯再建術 10 15 7
その他 関節鏡手術 69 51 60

136

149

128

骨 折

 

四肢骨観血的整復固定術

215

214

186

人工骨頭挿入術

41

53

51

大腿骨近位部骨折 骨接合術

81

104

96

337

371

333

その他

283

256

118

総計

847

851

682

 

診療科の特色

  • 脊椎領域における変性疾患や椎体骨折に対しては原則的に保存的治療を十分に行いますが、重度の神経障害や腰下肢痛が強く日常生活動作(ADL)の改善が得られない患者さんに対しては積極的に外科的治療を行っています。腰椎椎間板ヘルニアに対しては顕微鏡を用いた除圧術や腰椎変性側弯症やすべり症などの脊柱管狭窄症に対してはインストゥルメンテーションを用いた矯正固定手術や症例によっては低侵襲手術の一環として側方経路腰椎椎体間固定術(Lateral Lumbar Interbody Fusion:LIF)を併用することもあります。
  • 人工関節置換術は膝関節(Total Knee Arthroplasty:TKA)、股関節(Total Hip Arthroplasty:THA)を主に行っていますが中等度の変形性膝関節症例に対しては高位脛骨骨切術(HTO)を選択することもあります。術後早期にリハビリテーションの介入することで入院期間は2~3週間となっています。
  • スポーツ・関節障害に対してはより低侵襲な関節鏡手術法を選択しています。特に膝前十字靭帯断裂に対しては早期の競技復帰とパフォーマンスの維持を目指すため再建術後も理学療法士と協同し治療にあたっています。
  • 我が国の超高齢社会を背景に増加傾向にある高齢者の大腿骨近位部骨折に対しては可及的早期(可能であれば受傷日同日)に手術を行い、近隣の回復期リハビリテーション病院などと連携しより積極的なリハビリテーションを介入することで受傷前のADLの状態まで回復することを目指しています。そのほかの四肢骨折に対しては保存的治療を第一に考えていますが、最小侵襲に対応した内固定材を用いて外科的治療を選択することもあります。特に、骨質が脆弱な高齢者の橈骨遠位端骨折に対してもlocking plateを用いて術後早期に可動域訓練を開始し良好な成績が得られています。

医師

河野 心範(科部長)

卒業年 平成8年
日本整形外科学会整形外科専門医

日本整形外科学会整形外科脊椎脊髄病認定医

日本脊椎脊髄病学会指導医

日本脊椎脊髄病医学会・日本脊髄外科学会脊椎脊髄外科専門医

身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

丹羽 陽治郎

卒業年 平成19年

日本整形外科学会整形外科専門医

身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

内野 洋介

卒業年 平成20年
日本整形外科学会日本整形外科専門医

身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

伊藤 彰悟

卒業年 平成24年

身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

長尾 明紘

卒業年 平成24年

麻酔科標榜医

日本麻酔科学会麻酔科認定医

身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

松本 淳一朗
卒業年 平成30年
加納 健司(非常勤)

卒業年 平成19年
日本整形外科学会整形外科専門医・スポーツ医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム