リウマチ膠原病内科

更新日  平成30年4月25日

2010年の新設以降、茅ヶ崎市ならびに周辺の皆様を始め、多くの地域や医療施設よりご来院、ご紹介いただいております。
2018年度も、外来および入院診療を上原(武)、上原(真)が、非常勤医師として水曜外来を吉見(横浜市大)が担当いたします。難治例や高度先進医療が必要な場合には、横浜市立大学など特定機能病院との連携体制も確立しています。当科では、関節リウマチをはじめ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、成人スティル病、血管炎症候群、ベーチェット病、リウマチ性多発筋痛症などの自己免疫および炎症性疾患を対象に診療を行っております。特に、関節リウマチにおいては、2010年の新分類基準をもとに早期診断、寛解という目標達成に向けた治療(Treat to Target)の実践に努めております。さらに滑膜病変の正確な評価を行うための関節超音波検査を当施設では積極的に行っております。また、間質性肺炎などの関節外症状や感染症など合併症に対するケアにも取り組んでいます。現在使用可能な生物学的製剤は7種類全て当科で導入、継続が可能です。他科との連携を取りながら、万が一合併症が生じた場合にもすみやかに当院で対応が可能です。また、膠原病診療にも幅広く対応しております。難治例や高度先進医療が必要な場合には、横浜市立大学など特定機能病院との連携体制も確立しています。さらに日本リウマチ学会教育施設に認定されており、リウマチ膠原病専門医の育成にも努めております。
リウマチ膠原病領域の疾患は症状や患者さんの年齢も多彩です。患者さん自身の求めるものも、その時点での状態によってそれぞれ異なります。当院ではそれぞれの疾患の標準的な治療法を採用しながら、可能な限り患者さんの本来の意思に沿えるようサポートをさせていただきます。

【関節超音波検査】

医師

上原 武晃(科部長)

卒業年 平成18年

医学博士
日本内科学会内科認定医・指導医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医

上原 真琴(医長)
卒業年 平成21年
日本内科学会内科認定医、日本医師会認定産業医

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム