手術部

更新日  平成30年4月26日

診療概要

 中央手術室では、外科・呼吸器外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・乳腺外科・腎臓内科が手術を行っています。一昨年から乳腺外科が診療を開始しました。

 予定手術以外に、緊急手術・待機的準緊急手術にも多数対応しています。平成29年の手術は4,348件。このうち338件が当日申し込みの緊急手術でした。緊急性が高い場合は、救急部から直接手術室に入室し、手術が行われます。緊急手術症例には、虫垂炎・帝王切開・骨折・腸閉塞・くも膜下出血などが含まれます。

 当院手術室ではWHOのガイドラインに準拠した、「茅ヶ崎市立病院 手術室安全チェックリスト」に基づいた安全確認を以前より実践しています。

 2011年10月、ICUがオープンし手術前後の安全性が一段と向上しました。重症症例の場合、手術に引き続いて人工呼吸・血液浄化などの集中治療を行うことができます。

 救急・手術室・ICUが協力し合い、安全を第一に、患者さんの命と健康を支えていきたいと考えています。2017年の病院機能評価で、手術部門はA評価を受けることができました。

手術室スタッフ

麻酔科:常勤医師5名+非常勤医師1~3名
看護師:フルタイム常勤17名+部分休常勤1名+臨時職員1名
看護補助員:臨時職員1名
医療事務員:臨時職員1名

このほか、臨床工学技士・中央材料室・診療材料供給部門・清掃業務職員・防災センター職員など、さまざまな人たちに支えられて手術室は運営されています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111 ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム