脳血流シンチグラム

更新日  平成30年3月28日

脳血流シンチグラム

 静脈から、99mTc-ECDを投与して、脳に集まったところを撮影します。
 この検査では、脳に行く血液の流量(脳血流量(ml/100g/min))やSPECTによる脳の断層画像を得る事ができます。
 一般に下記のような病気が疑われる時、診断や治療効果の判定及び経過観察のために行われます。

  1. 脳卒中の疑いがある時、または脳卒中の治療効果を見るため
  2. アルツハイマー病や正常圧水頭症などによる痴呆の疑いがある時、または治療効果を見るため
  3. てんかんの原因を調べたい時
  4. 脳の外傷後の機能評価を行う時

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム