骨シンチグラム

更新日  平成30年3月28日

骨シンチグラム

 静脈から、99mTc-MDPを投与して、3時間後、骨に集まったところを撮影します。
 この検査では、すべての骨の病気が検査対象となります(多くの場合、癌の骨転移を見つけ出すために行われます)。
 乳癌、前立腺癌、肺癌などは、骨転移を起こしやすい病気です。このような疾患では、治療方針を決定するために、転移が明らかでなくても、治療開始前に行うことがあります。また、治療効果の判定や治療後の再発の有無を調べるためにも行います。


このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム