負荷心筋シンチグラム

更新日  平成30年3月28日

負荷心筋シンチグラム

 トレッドミルによる運動負荷、あるいは、ATPを投与する薬剤負荷により、心臓に負荷をかけた状態で99mTc-マイオビューを静注し、50分後にSPECT行い、負荷時の心筋の血流を反映した画像を得ます。
 2~3時間後、もう一度静注しその後で、安静時の心筋の血流を反映した画像を得ます。
 この検査では、99mTc-マイオビューの性質を利用して、心筋の血流の状態を判断する画像を得ることが出来ます。
 また、負荷時の画像データと安静時の画像データを解析する事で血流の増加率を評価するBull`s eyeや心機能評価を行うQGSなど、よりわかりやすいデータを得られます。
 一般に狭心症のような病気が疑われる時、診断や治療効果の判定及び経過観察のために行われます。


このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム