エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 取り組みについて > 臨床研究一覧


ここから本文です。

臨床研究一覧

更新日  平成29年2月7日

臨床研究一覧

診療科 研究名等 承認番号 概要
外科 再発危険因子を有するハイリスクStageII結腸癌切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6またはXELOX療法の至適投与期間に関するランダム化第III相比較臨床試験 2013-14 公益財団法人がん集学的治療研究財団が実施する<再発因子を有するハイリスクStage II 結腸癌(直腸S状部癌含む)治癒切除症例を対象に、術後補助化学療法としてのmFOLFOX6またはXELOX療法の3ヶ月投与法の無病生存期間における非劣性を統合解析する>以上の臨床試験に参加する。
呼吸器外科 呼吸器外科手術症例における他施設データベースの構築 2014-13 東大病院呼吸器外科及び関連施設の手術症例を集積し、単施設より規模の大きなデータベースとして臨床研究を行う。
呼吸器外科 呼吸器外科疾患に関する後ろ向き非介入研究 2013-03 茅ヶ崎市立病院呼吸器外科で診療する患者について、カルテレビューにより後ろ向き研究を行い、学術論文、学術集会発表を行う。
呼吸器外科 胸部CT三次元構築の臨床応用 2013-04 茅ヶ崎市立病院呼吸器外科で診療する呼吸器疾患患者について、胸部CTを三次元構築し、そのデータを臨床応用する。

泌尿器科

前立腺癌に対する2次ホルモン療法としてのGnRHアゴニストからテガレリクスへの切り替え療法の有効性についての検討

2014-9 前立腺癌に対する2次ホルモン療法としてのGnRHアゴニストからテガレリクスへの切替療法の有効性及び安全性を検討する
泌尿器科

尿路上皮癌化学療法に伴う悪心・嘔吐に対するパロノセトロン/デキサメタゾン及びパロノセトロン/アプレピタント/デキサメタゾン併用療法の検討

2013-11 尿路上皮癌化学療法に伴う急性及び遅発性の悪心・嘔吐に対し制吐剤の併用による抑制効果を検討する
泌尿器科 非尿路上皮・尿路悪性腫瘍に関する臨床病理学的検討 2012-8 横浜膀胱腫瘍研究会参加22施設における非尿路上皮尿路悪性腫瘍症例について臨床病理学的検討を後ろ向きに行い、稀な尿路悪性腫瘍に関する病態を明らかにする。
泌尿器科 高悪性度筋層非浸潤膀胱癌に関する臨床的検討 2012-20 横浜膀胱腫瘍研究会参加22施設における高悪性度筋層非浸潤膀胱癌について臨床的検討を行い、その病態を明らかにする
泌尿器科 低悪性度筋層非浸潤膀胱癌に関する臨床的検討 2012-21 横浜膀胱腫瘍研究会参加22施設における低悪性度筋層非浸潤膀胱癌に対する抗癌剤膀胱注入療法の運用方法と治療成績の調査を行い、よりよい運用方法を明らかにする。
耳鼻いんこう科 症例報告(耳下腺に発生し顔面神経麻痺を合併したMTX関連リンパ増殖性疾患の一例 2016-1 唾液腺のMTX関連リンパ増殖性疾患で顔面神経麻痺を合併した症例は過去に報告例がなく、本症例について耳鼻咽喉科臨床学会誌へ掲載を行う。
呼吸器外科 全国肺癌登録調査:2010年肺癌手術症例に対する登録研究 2016-2 全国肺癌登録調査に、匿名化した当院の症例を登録し、参加する。
呼吸器外科 石綿外来患者についての後ろ向き検討 2016-3 当院石綿外来で診察した職業的石綿暴露患者について、後ろ向き検討を行い、臨床的特徴について解析を行う。
代謝内分泌内科 2型糖尿病におけるエンパグロフリジンの血管内皮機能への効果についての検討 2016-4 2型糖尿病と診断された患者に対し、非盲検無作為化比較試験を行う。血管内皮機能への効果をFMDにより、評価する。
呼吸器内科 オプジーボ使用の際に生じる副作用に対するインフリキシマブを始めとする適応外薬品の使用について 2016-5 インフリキシマブ使用に関する自己負担及び投与の必然性にかかる検討、並びにオプジーボ投与の際に使用する同意書のあり方について検討する。
乳腺外科 術前化学療法でcCRが得られた症例に対する針生検-原発巣切除省略に関する探索的研究- 2016-6 乳癌術前化学療法による病理学的完全奏功症例を手術を行わずに診断できれば、手術を省略できる可能性がある。本研究では、術前化学療法により臨床的完全奏功となった症例に対して針生検を行い、針生検の結果と術後手術検体の病理結果の整合性を検討する。
乳腺外科

乳癌の術前・術後化学療法における発熱性好中球減少症に関する観察研究(多施設共同、前向きコホート研究)

2016-7 乳癌の治療として術前・術後化学療法を施行された症例に発症する発性好中球減少症およびその発症に影響を与える要因について検討する。
代謝内分泌内科 妊娠糖尿病患者における6分食化による血糖変動抑制効果検討試験 2016-8 血糖コントロールの各手法の問題点及び利点を明らかにする。食事(6分食法)による介入試験を行う。教育入院を行い、食事療法および栄養指導を行い、必要に応じて3分食を6分食化およびインスリン強化療法を導入し、連続グルコース測定等を行い評価する。
代謝内分泌内科 2型糖尿病におけるデュラグルチド、トレラグリプチンのβ細胞機能への効果に関する非盲検無作為化比較試験 2016-9 メトホルミン±基礎インスリンにて加療中の2型糖尿病患者に、無作為にGLP-1受容体作動薬デュラグルチドとDPP-4阻害薬トレラグリプチンのいずれかを24週間投与し、β細胞機能改善効果を比較検討する。
代謝内分泌内科 血糖変動が血管内皮機能へ与える効果についての検討 2016-10 血糖変動が血管内皮機能へ与える効果を検討する。
乳腺外科 トリプルネガティブ乳癌のBRCAness症例に対する術前化学療法の多施設共同試験 2016-11 BRCA1の機能異常(BRCAness)がある症例において、アンスラサイクリンのみを4サイクルから6サイクルに伸ばし、タキサン系抗癌剤の投与を追加せず、手術を行い病理学的消失を観察し、個別化治療の可能性を検討する。
泌尿器科 人生の最終段階における医療のガイドラインの改定 2016-12 当院における「人生の最終段階におけるガイドライン」改定、及び「人生の最終段階における医療・ケアの方針の合意書」(癌・非癌)並びに「人生最終段階になった時の事前指示書」の作成に関し、検討する。
泌尿器科 前立腺癌の予後調査探索 2016-13 前立腺癌の治療法は進歩しているが、予後の改善について検証されていないため、臨床的因子と予後の相関解析を行う。
代謝内分泌内科 代謝内分泌内科疾患に関する後ろ向き非介入研究 2016-14 症例報告を含む電子カルテ上、及び紙カルテ上の既存データを利用し、カルテレビューにより後ろ向き研究を行い、学術論文・学術集会発表を行う。
救急診療部 病院前外傷重症度判断Grade分類に関する研究調査 2016-15 救急隊が外傷患者の重症度を判断するGrade分類について、妥当であるかを検証する研究。病院収容後に重症度を分類する「TRISS score」と比較し、相関を検討するもの。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 医事課 〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム