エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 募集案内 > 初期臨床研修 > 指導医からのメッセージ


ここから本文です。

指導医からのメッセージ

更新日  平成26年10月20日

仙賀 裕 病院長

仙賀病院長顔写真

  • 医学生のみなさんへ
     研修医としてどの病院で研修をするかというのは、医学生の方にとっては非常に重要で悩むことと思います。私は茅ヶ崎市立病院病院長という立場ですが、私から見ても、茅ヶ崎市立病院は医師・看護師・医療技術職・事務の全ての人が話しやすい環境であり、病院の雰囲気は良いと思います。是非、一度、当院を見学に来て雰囲気を感じて欲しいですね。新年度の4月にお会いできる日を楽しみにしています。
     
  • 茅ヶ崎市立病院の研修のココが良い!
     当院では、私自身も研修医からヒアリングを行い、臨床研修体制の意見などを聞いています。研修医も忌憚のない意見を述べることができ(と思っています)、その意見を今後の体制に活かすためにプログラム責任者と一丸となって取り組んでいます。
     
  • 求める人材像
    1 患者の立場・気持ちを思いやることが出来る人
    2 表情が豊か(人間味あふれる診察をしてほしい)
    3 研修医としての意欲がある人
     

小林 一博 診療部長(プログラム責任者)

小林診療部長顔写真

  • 医学生のみなさんへ
     当院は湘南東部地区で1・2次救急を担当している急性期病院です。2011年秋には待望のICUを開設し、高度医療の充実を図っています。その一方、外来ではcommon diseaseにも対応しており、市中で遭遇する様々な疾患をバランスよく診療しています。2年間の研修で軽症から重症患者まで多くの症例を経験することができます。
    当地は東海道線1本で横浜まで30分、東京まで1時間の便利な地方都市です。
    「一生に一度は住みたい湘南」と呼ばれる海を望む温暖な地で、医者としての第一歩を踏み出しましょう。
     
  • 茅ヶ崎市立病院の研修のココが良い!
       診療科・医師が多く、医局内の交流も盛んで気軽にコンサルトができます。指導を直接担当する医師も若く、最新のより専門的な知識を吸収することができます。研修医向けのクルズス・勉強会のほか、院内向け講演会も随時開催されています。BLS(AHA)、ICLS(救急医学会)も院内で受講することができます。
     
  • 求める人材像
     現代は看護師、薬剤師、リハビリ技士等と協力して治療に当たるチーム医療の時代です。お互いの職務を尊重し、チームの和を大切にするとともに、自己研鑽を怠らない、積極的で意欲のある研修医を求めています。

福山 宏 救急医療部長

福山救急医療部長顔写真

  • 医学生のみなさんへ
     救急の研修は決して楽なものではありません。
    時に厳しく、時に暖かく指導してくれるスタッフが必ずバックアップしてくれます。
    なによりも、共に悩み励まし合える同期の仲間がいます。
    茅ヶ崎市立病院で伸び伸びと救急研修をしましょう。
     
  • 茅ヶ崎市立病院の研修のココが良い!
     2年間の研修が終わるころには、1次~2次救急の診療を恐れずにできるようになります。
    昼間の各科研修で総合力を身につけ、夜間・休日の救急日当直で実力を磨きます。
    放任でもなければ、過保護でもありません。
    安全を確保しつつ、自分で考える研修がそこにあります。
     
  • 求める人材像
     夜間の救急は大変ですが、充実しています。
    「9時~17時で業務を終えて家に帰りたい」と思う人には向きません。
    「みんなと一緒にガンバロウ!」と思ってくれる人におススメです。
    「実力を身につけたい!」と思う人は、是非、茅ヶ崎市立病院へ!!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111 ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム