エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 診療科紹介 > 放射線治療科・放射線診断科


ここから本文です。

放射線治療科・放射線診断科

更新日  平成29年8月22日

放射線治療科・放射線診断科の業務

 当院での放射線科の診療は、画像診断と放射線治療の大きく二つより成り立っています。
 画像診断は、DRシステム(FPD)を使用した一般撮影、乳房撮影(デジタル)、X線TV検査(FPD)
 CT検査(マルチスライス二台320列・16列))・MRI検査(1.5T)・血管撮影(二台)・核医学検査などを、各診療科の依頼のもと施行しています。
 実際の撮影は、十分な教育を受けた放射線技師が施行し、常に質の高い画像を供給できるように日々努力をしています。
 放射線治療は、治療計画CT(4列)を利用し、東芝製のPRIMUSを使用しての一般的な外照射を施行しています。放射線治療専門医が常勤しており、安全で精度の高い治療を迅速に行っています。

放射線診断医

 放射線科診断医は、撮影された画像が診療科や患者さんの要望に十分応えられているものであるのか常に評価するようにしています。
 読影については地域医療連携室経由依頼の検査を中心に院内依頼の読影を行っています。現在、横浜市立大学などからの非常勤医師計10名に診療を支えていただいております。

放射線治療医

 常勤の放射線治療医が一人勤務しています。主治医の先生の意図、患者様のご希望を配慮しつつ、効果は最大限、副作用は最小限を心がけ、質の良い放射線治療を提供してまいります。

病診連携

 当科では高度医療機器の共同利用に力をいれ、他の病院や診療所からの紹介を積極的に受けるような体制をとっています。かかりつけ医より地域医療連携室を経由して予約をとり紹介状を持参していただくことにより、検査だけ施行し、かかりつけ医で継続した診療を受けられます。
 放射線治療に関しても、地域医療連携室を経由して当科の予約を直接とることができます。

医師

栗原 須生美(放射線治療科部長)

卒業年 平成12年
放射線治療専門医
長嶋敏幸(非常勤)
卒業年 昭和62年
日本医学放射線学会診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
肺がんCT検診学会認定医
日本人間ドック学会認定医
日本医師会認定産業医
芹沢 信一郎(非常勤)
卒業年 昭和63年
駒形 高信(非常勤)
卒業年 平成15年
放射線診断専門医、核医学専門医、PET・核医学認定医
関川 善二郎(非常勤)
卒業年 平成10年
米山 智啓(非常勤)
卒業年 平成15年
小原 大地(非常勤)
卒業年 平成21年
上出 浩之(非常勤)
卒業年 平成23年
石渡 義之(非常勤)
卒業年 平成24年
酒井 容堂(非常勤)
卒業年 平成25年
三橋 耕平(非常勤)
卒業年 平成26年

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム