エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 病院について > 茅ヶ崎市立病院増築・改修事業 > 事業の概要


ここから本文です。

事業の概要

事業の目的

 茅ヶ崎市立病院は現本館開設以来、目まぐるしく変わる医療環境に適応し、医療機能の充実に注力してきました。しかしながら、現本館の改修による医療機能拡充は限界にきており、新たなスペース確保が必要となります。そこで以下のI期工事およびII期工事を行うことにより、これを解消するものです。

I期工事 : 別棟増築

II期工事 : 別棟に移転した本館跡スペースを活用した本館改修

 I期工事において建設した別棟に、事務室等の医療に直接影響のない部門を移動させることで本館に新たな空きスペースを確保し、II期工事はこの空きスペースを基に救急医療や外来診療、内視鏡室等の充実に向けて本館改修を行います。

 

これまでの経緯

〇 平成26年3月 茅ヶ崎市立病院現況施設調査                                                       現状を改善するための改修計画立案を見据え、診療上の理由から施設的な再検討が必要とされている部門に関し、基礎的な調査を実施。

〇 平成26年11月 茅ヶ崎市立病院増築に伴う基礎調査                                                「茅ヶ崎市立病院現況調査において示された増築計画案」について、法令に基づく制約事項等の調査を行い、その建築の可否および検討や設計にあたっての条件等を整理するための調査を実施。

〇 平成27年10月 政策会議において                                                              「茅ヶ崎市立病院の医療機能の拡充(救急・診療体制の強化に向けた改修及び増築)案」承認。

〇 平成27年11月 市議会(全員協議会)において                                                      「茅ヶ崎市立病院の医療機能の拡充(救急・診療体制の強化に向けた改修及び増築)案」報告。

〇 平成28年5月 「茅ヶ崎市立病院別棟増築工事設計業務委託」入札実施                                        株式会社あい設計が落札。

〇 平成28年9月 市議会(全員協議会)において                                                     「茅ヶ崎市立病院の医療機能の拡充(救急診療体制の強化に向けた改修及び増築)について」報告。

〇 平成29年3月 政策調整会議において                                                        茅ヶ崎市立病院別棟の実施設計内容について報告。

〇 平成29年4月 市議会(全員協議会)において                                                       茅ヶ崎市立病院別棟の実施設計内容について報告。

〇 平成29年6月 「市立病院別棟増築(建築)工事」入札実施                                                大勝建設株式会社が落札。

 

基本方針

 今後の更なる医療機能の拡充を見据え、機能的な災害時の医療拠点として別棟増築と本館改修を行う上で、下記の基本方針を基に整備を行います。

市民の健康を守り安全安心の拠点となる病院

(1) 安全・安心を支える災害拠点となる病院

(2) 医療サービスの向上に資する機能的な病院

(3) 市民から選ばれる病院

(4) 人と環境にやさしい病院