エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 病院について > 茅ヶ崎市立病院経営計画について


ここから本文です。

茅ヶ崎市立病院経営計画について

更新日  平成29年4月11日

平成26年6月、団塊の世代が後期高齢者となる平成37年(2025年)に向けて、医療・介護サービスの提供体制を改革するため、「医療介護総合確保推進法」が成立し、平成37年(2025年)の医療需要の予測、目指すべき医療提供体制とそれを実現するための施策を、都道府県が、医療計画の一部を成す地域医療構想として策定することとなりました。神奈川県では、平成28年10月にこの構想を公表しています。

また、総務省は、平成27年3月、公立病院が安定した経営の下、へき地医療・不採算医療や、高度・先進医療等を提供する役割を継続して担っていくことを目的とした新たな公立病院改革ガイドラインを公表し、病院事業を設置する自治体に地域医療構想と整合性を持った新公立病院改革プランを策定するよう地方自治体に対し要請しました。

このたび市立病院では、新しい経営計画として平成29年度から平成32年度までを計画期間とする「茅ヶ崎市立病院経営計画(新公立病院改革プラン)」を策定し、果たすべき役割と経営健全化に向けた取組みの方向性を明らかにすることとしました。

市立病院では、以前より「健やか・共創」を基本理念としてきました。市民の健康を守るためいつでも・だれにでも良質な医療を提供し、患者さんや地域の医療機関と共に。効果的かつ効率的な医療を創り、社会の利益に貢献しようと運営を進めてきました。今後もこの考え方を念頭におき、超高齢社会における地域の急性期医療を担う病院として経営を進めてきます。

 

平成29年4月 病院長 仙賀 裕

これまでの茅ヶ崎市立病院経営計画

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム