エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 各部門紹介 > 看護部 > 専門・認定看護師紹介


ここから本文です。

専門・認定看護師紹介

更新日  平成29年8月3日

認定看護管理者

看護部長 山岡 澄代


 

専門看護師

老人看護専門看護師

老人看護専門看護師の写真

 我妻 雪子


 老人看護専門看護師は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を駆使して活動しています。

 人生の大先輩である高齢者に敬意を払いながら、少しでも心地よく人生のまとめの時期を過ごせるように、治療を受けながらも最期まで高齢者の意思が尊重され人らしく過ごせるための看護に努めています。

母性看護専門看護師

折井 淳子


 


認定看護師

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師の写真

朝倉 恵美子


 緩和ケアとは、がんと診断された時から始まるケアです。患者さんとご家族の意思を尊重し、その人らしい人生を過ごしていただけることを目標としています。がん患者さんの体や心のつらさを出来るかぎり和らげて、患者さんとご家族が持っている力を引き出し、治療に取り組めるようにお手伝いさせていただいています。

 これまでたくさんの患者さんやご家族から教えていただいたことを大切にし、頑張っていきたいと思っています。


緩和ケア認定看護師の写真

大野 悦子


 身体的疼痛に関してはオピオイドが使用され緩和されてきているようですが、オピオイドだけでは緩和しきれない苦痛もあります。がんに伴う苦痛症状が精神面も含め多岐にわたり、症状コントロールが難しいです。

 患者さん、ご家族にお話を伺いながら、トータルペインの視点から4側面でのアセスメントに努めていきます。


緩和ケア認定看護師の写真

菅原 甲子


 私が緩和ケア認定看護師になるきっかけは、一人の患者さんとの出会いでした。若くして旅立って逝かれたその患者さんや家族の辛さや苦しみを理解出来ていただろうかと思い、それがきっかけで勉強を始めました。認定看護師になってからも常に患者さんに寄り添いながらも、苦痛緩和が図れ、患者さんらしく最期まで過ごすことが出来ただろうかと自分に問いかけながら援助をしています。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師の写真

桑江 保子


 感染管理室に所属し、院内の職員や実習生は勿論、当院を利用する患者さんや家族の皆様を、あらゆる感染源から守るという重要な役割を担っています。感染管理認定看護師の業務は幅広く、他職種との関わりが多いことから、自分の意見をアサーティブに表現できるよう心がけています。


感染管理認定看護師の写真

蘭賀 都己


 感染管理には、3つの目標があります。ひとつは、患者さん、ご家族、面会に来られた方を全ての感染から守る。2つ目は、全ての職員を感染から守る。3つ目は、費用対効果を考え効果の高いほうを選択し感染対策を実施する事です。つまり、全ての人々を感染の危険から守っていく事が私の役割となります。特に、リスクの高い手術に関わる感染や人工呼吸器に関わる感染対策にも取り組み安全・安心な医療の提供を行います。

皮膚・排泄ケア認定看護師

看護部長 山岡 澄代


落合 環・小原 典子


 皮膚・排泄ケア認定看護師は創傷(Wound)・ストーマ(Ostomy)・失禁(Continence)の分野に関連した専門的なケアを提供する看護師です。排泄、皮膚トラブルによる苦痛を軽減し、患者さんが安心して日常生活を送れるようにスタッフと取り組んでいきたいと思います。

がん性疼痛認定看護師

がん性疼痛認定看護師の写真

石橋 恭子


 がんの痛みは、がんの病巣が原因となり、急性・慢性的な経過をたどる症状です。痛みの増幅を防ぐために早期対処が必要です。“モルヒネ(麻薬)=最後の手段”そんな偏見がまだまだ根強い中、痛みの緩和に早期に取り組み、痛みに邪魔されない生活を維持することが、がん治療を続けるためにも必要なこと、それを伝えていくのが、自分の役目だと思っています。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師の写真

豊村 豪


 現在、がん化学療法の治療は入院から外来に移行していることもあり、患者さんとご家族には様々な副作用に対応していくことが求められています。入院・外来治療であっても、安心して、苦痛なく治療を続けられるように、がん化学療法看護認定看護師として医療チームと連携を図りながら活動を行なっています。

新生児集中ケア認定看護師

新生児集中ケア認定看護師の写真

山根 妙子


 急性期にあるハイリスク新生児の身体的ケアや新生児の成長発達を促すためのケアとして、言葉で自分の気持ちを十分に伝えることが出来ない新生児の反応や変化を受け止め、代弁者となり、それぞれの新生児に適した優しいケアを考え、最善のケアを提供できるように取り組んでいます。また不安を抱えているご家族の気持ちに寄り添いながら、親子関係を築けるよう支援に努めています。

認知症看護認定看護師

橋本 真美


 認知症の方は入院による環境の変化を敏感に感じストレスとなりやすく、また自身の体調の変化を言葉で言い表すことができにくいことがあります。認知症看護認定看護師は認知症患者さんの代弁者となり、ストレスを受けにくいような環境を整えます。認知症患者さんが安心、安全、安楽に治療が受けられるよう支援し、1人でも多くの認知症患者さんが笑顔になれるよう活動していきたいと考えています。

集中ケア認定看護師

永田 章代


 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム