エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置:  トップページ > 各部門紹介 > 診療記録管理室


ここから本文です。

診療記録管理室

更新日  平成29年4月27日

 診療記録管理室は、平成15年1月から医事課の1部署として実務を行ってきましたが、平成20年4月に望月副院長を室長(兼務)に迎え、病院長直属の組織となりました。
 室の構成人員は、室長と診療情報管理士3名、その他1名の計4名と非常勤職員13名で室の運営を担当しています。
 主な業務としては、平成28年10月から稼働しました電子カルテにおける量的・質的点検、がん登録、カルテ開示及びDPC対象病院として提出する病歴情報の統括業務を担っています。
 電子カルテが稼働したことによって業務内容に変化が出てきました。紙カルテと同様の監査はもちろんのこと、電子カルテの3原則(真正性、見読性、保存性)を理解した上での監査や院内職員への指導等が重要になってきます。カルテというのは、利用者にとっての便利な面だけを追求してはいけません。ただ、電子カルテの特徴を大いに活かしていかなくてはならないことは明らかです。正しい記事入力項目や検査結果数値等から抽出されるデータを加工し、患者さんや病院、地域等に利用されて価値が発揮されると考えています。そういった加工されたデータが価値あるものであるために、毎日電子カルテの点検に取り組んでいます。
 物の管理から情報の管理へと移行していきますが、紙カルテの管理がなくなる訳ではありません。病院の記録管理については、医療法等いろいろな法律等で規定されています。これからも、患者中心の医療の実践のために記録管理の側面から貢献していきたいと考えています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市立病院 病院総務課 経営総務担当
〒253-0042 神奈川県茅ヶ崎市本村五丁目15番1号
電話:0467-52-1111(代表)
ファクス:0467-54-0770
お問い合わせ専用フォーム